So-net無料ブログ作成

菓遊専心 戸田屋正道(かゆうせんしん とだやしょうどう) [sweets]

山形市の和菓子屋。伝統的な和菓子だけでなく、洋菓子の要素を取り入れた創作和菓子や和テイストのプリンやロールケーキなど、種類も豊富です。また、季節のフルーツを取り入れたお菓子も絶品ぞろいで、素材を吟味した上質なお菓子は、甘さがほどよく大変好みです。売り場のスタッフさんもとても感じがよく、三代目(わか)の活躍も期待しています。

549452_261353037288528.jpg 428911_321346661289165_682183760_n.jpg 217808_321028501320981_2012239430_n.jpg 和栗のモンブラン1.jpg

【菓遊専心 戸田屋正道】
  山形県山形市小姓町1番32号
  電話 023-622-6728
  営業時間 9:00〜19:00(第二、第四水曜日定休)
  http://www.toda-ya.com/

「Bistro MARCY(ビストロ・マーシー)」のプリン [sweets]

P1050031.JPG

以前、ビストロ・マーシーの一角に、入口を別にして、ケーキ屋さんがありました。今は無くなってしまったのですが、ビストロ・マーシーの入口を入ったところにケーキのショーケースがあって、ケーキのみの購入もできます。品数が少ないのですが、中でも、「なめらかプリン」は絶品!苦みのきいたカラメルが絶妙な味わいです。

他には、洋酒たっぷりのボンボンや塩チーズ、モンブランもひと味違う、どこか大人味なケーキが好みです。

(申し訳ございません。食事は未体験なのです。)

「Bistro MARCY(ビストロ・マーシー)」
  山形市馬見ケ崎4丁目1-10
  電話;023-681-2439

甘露 wa.sabi [sweets]

Dolceの姉妹店でもある、和カフェです。最上川を眺めながら、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごせる隠れ家的場所。この地域出身の建築デザイナーの方が建てたそうで、趣味の良い素敵空間。抹茶、日本茶、中国茶とともに、わらび餅、饅頭、羊羹などの和スィーツがいただけます。作家さんの焼き物などの展示販売もあり、お菓子のテイクアウトもできます。小さい看板があるだけなので初めての人は見逃してしまうかもしれません。冬期間は長期休業、不定期休業のため、営業日をご確認いただいたほうがいいです。

P1040073.JPG IMG_0257.JPG IMG_0265.JPG P1040061.JPG

「甘露 wa.sabi」
 山形県村山市大字河島甲946-3
 電話:0237-55-8271

Dolce(ドルチェ) [sweets]

大人が美味しいと思えるケーキです。甘さの中にチョコレートやカラメルの苦み、パイやタルトの食感、お酒もしっかりきいてる、絶妙なうまさのケーキばかり。吟味された素材で作られたフルーツケーキや焼き菓子も美味しいです。改装により、カフェスペースが広くなって、ゆっくり出来るようになりました。

完全予約販売のアップルパイは、焼いたその日に食べて欲しいから、というこだわりのもの。時期によって「紅玉」と「グラニースミス(青リンゴ)」が使われるそう。今年こそは食べるぞ!

P1020257.JPG P1020260.JPG CIMG8739.JPG P1020255.JPG P1020261.JPG

「Dolce」(ドルチェ)
 山形県村山市中央2丁目6−20
 電話:0237-53-3741

石田フランセーズの「トレボン」 [sweets]

弘前市にあるパン屋さんの洋菓子「トレボン」は、しっとり洋酒がしみ込んだ生地に栗が散りばめられ、バタークリームが3層にサンドされてます。どこか懐かしい味わいは時々思い出してしまうほど。不定期に作るらしく店頭に無いこともありますのでご確認ください。

ishita.JPG ishita1.JPG

石田フランセーズ
 青森県弘前市代官町8
 電話:0172-32-3515
 日曜日定休

六根浄2010 [sweets]

4/2より、開店しました。
今年より、「スウィーツ部門」も始めました。
純米酒、酒粕、清酒酵母、米粉を使ったこだわりのパンやお菓子が、土日限定で販売されています。
日本酒が飲めない人も大満足できること間違いなし。

CIMG9863.JPG CIMG9864.JPG CIMG9866.JPG CIMG9865.JPG

正酒屋 六根浄(せいしゅや ろっこんじょう)
 山形市平清水153
 TEL : 023-666-8977
 営業時間 : 9:00~17:00
 定休日 : 毎週火曜日
 http://rockonjo.com/

 純米ばか店主のブログ


焼き菓子しょかん [sweets]

素材の味がしっかりする焼き菓子が本当に美味しくて、じっくり味わっていただくなるものばかり。期間限定の季節のお菓子や、予約でしか買えないロールケーキも絶品です。
下記HPでは、焼き菓子の写真と、すべての原材料の産地が紹介されています。午後には、売り切れてい商品も多く、はやめに閉店していることもありますので、初めての方は、確認されたほうがいいです。

shokan.jpg shokan3.JPG CIMG8527.JPG shokan1.JPG

焼き菓子しょかん
 山形市緑町2-10-25
  TEL : 023-635-0594
  営業時間 : 10:00~19:00(土曜のみ 〜17:00)
  定休日 : 日曜日、祝日

http://www.shokan.info/

「菓道 八右ェ門」 [sweets]

夏期限定の「あんず大福」は、杏子の香りたっぷりの皮の中に、干しアンズ入りの杏餡。まるまる杏子づくし!
プルプルのあんず大福が瑞々しく塩味のきいた笹の葉に包まれていて、食べた後の、ほんのり塩味があとをひきます。
「冷やして」美味しい、夏の大福。
また、冬期限定の「トリフ餅」は、餡&生チョコを薄い餅で包んだ和風チョコ。ナッツ、抹茶、カフェオレ、イチゴの4種。
季節限定の創作和菓子、絶品です。

11506526711.jpeg 11506528701.jpeg 11410051461.jpeg 11410054182.jpeg 11410055952.jpeg


「菓道 八右ェ門」
  山形市七浦579
  電話:023-684-8129
  http://www.hyoku.com/hatiemon/top.html

冨貴豆「まめや」 [sweets]

「冨貴豆」とは、青えんどうを砂糖でふっくらと炊きあげた豆菓子(煮豆)です。一粒一粒の皮を取り除きじっくり時間をかけて作られているので、しっとりとろける柔らかさと上品な甘さは格別です。ここは、家内だけでやっているお店なので出店は殆どないのですが、最近東京の某デパートでは限定数販売されていると聞きました。冨貴豆は、他の専門店や和菓子やさんでもありますが、ここのはひと味違います。山形土産の最初は、これ、です。コーヒーと合わせるのが好きです。

huukimame.JPG fukimame.jpg

<まめや>
山形市旅篭町一丁目5-11
電話:023-623-0554
午前9:30〜
木曜日定休

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。